新1年生の男の子・女の子におすすめ 人気ランドセルランキング

MENU

ランドセルの平均購入価格はいくら?

子どもの入学に合わせてランドセルを購入するというのは、親と子、どちらも楽しみにしていることではないでしょうか。

 

しかし、ただランドセルを購入するといっても、選ぶランドセルによって価格は下は1万円台〜上は20万円を超えるようなものまであります。

 

ランドセルの平均購入価格は、2018年までの10年の間にどんどん値上がりをしており、ある人気ランドセルメーカーが発表した購入価格の相場は、

 

1位 30,000円〜
2位 40,000円〜
3位 50,000円〜
4位 60,000円〜
5位 〜19,999円

 

となっており、3万〜5万円のランドセルを購入した家庭は全体で考えると7割程度おり、4万円前後のランドセルを購入した家庭が1番多いということになります。

 

最近人気が高い工房系や百貨店などのランドセルの場合平均の相場が6万円前後となるため、全体の平均購入価格は年々値上がりをしています。

 

近年は少子化ということもあり、祖父母からのお祝いとしていただいた金額と合わせて価格が高めのランドセルを購入するという家庭も増えてきているようです。

 

ランドセルの価格差はどうしてできるの?

見た目は同じようなカラーやデザインのように思えるのに、ランドセルの価格はどうして価格に差が出るのか不思議に思いませんか?

 

では、ランドセルの価格の差や違いは何なのでしょうか。

 

@使われている素材の違い
現在のランドセルで主に使用されている素材はクラリーノなどの人工皮革が多く、次に天然皮革である牛革、馬革(コードバン)が使用されています。

 

天然皮革は入手が困難な部位の素材や馬皮など貴重なため、人工皮革のように大量生産をすることができないので、人工皮革よりも天然皮革の素材のランドセルの方が価格が高くなります。

 

最近では、丈夫ですがお手入れが大変な天然皮革も、はっ水加工や耐傷などが最近ではしてあり、昔よりはお手入れの面倒さなども減ってきました。

 

しかし、大量生産ができるということはもちろんですが、子どもが毎日使用するということを考えて、耐久性、耐傷性、水に強い人工皮革のランドセルの方が多く使用されているようです。

 

また、人工皮革はクラリーノ、帝人、東レなどのメーカーによる素材の違いや、強度や質感などによっても素材が違うものがあります。

 

Aブランドによる違い
ランドセルの素材として多く使用されているのはクラリーノで、そのサイズや機能はほとんど同じなのに価格が違うというランドセルがあります。

 

同じ素材を使用していているランドセルでも、ディズニーやスポーツ系のブランドモデル、ファッション系のブランドがデザインしたランドセルも人気が高くなっており、工房系のランドセルも人気があり価格が高くなっています。

 

ブランドのランドセルは、ランドセルメーカーが作っているものに、そのブランド自体のデザインを付属してコラボして販売したりなどすることで、価格が高くなっていたりします。

 

ランドセルの基本性能は同じ

価格の違いは、素材・装飾・刺繍・ブランドロゴ・デザインなどによって変わってきますが、ランドセルとしての基本機能や性能は3万円台以上のものであればほとんどが同等といえます。

 

・背負いやすさ(工夫された背カン、肩ベルト)
・型くずれを防ぐ補強材
・通気性がいい素材の背あて など

 

ランドセルは高ければいい?安ければいい?

ランドセルを購入するときの選ぶ基準はそれぞれの家庭によって違いますが、ランドセルの価格は「高ければ高いほどいい」、「安ければやすいほどいい」ということはありません。

 

価格が高いランドセルは、高級な素材が使われていたり、デザインや刺繍がこっていたりなど一般的な価格のものよりも優れているものは多くあるのですが、一番大切なことである「子どもが毎日使いやすいか?」ということを忘れてはいけません

 

元気で走り回ったりやんちゃな子どもの場合など、ランドセルを丁寧に扱うことが苦手な子もいるかもしれません。

 

価格が高いランドセルの場合、ランドセルが傷ついてしまったり、壊れてしまったりということもあるという心配から、親はつい丁寧に扱うように口を出してしまうのではないでしょうか。

 

また、価格が安いランドセルの場合、耐久性や防水性などに不安を感じてしまうことがあります。

 

価格が安いランドセルを選ぶ場合には、壊れてしまったときの保証、防水・はっ水加工、背あての通気性などチェックしてから購入することをおすすめします。

 

もちろん、子ども自身が自分のものを大切に扱うということは大事なことですが、それが子どもにとってストレスになってしまうこともあります。

 

たくさんあるランドセルの中から、予算にあった子どもが毎日使いやすいランドセルを選んであげましょう!