新1年生の男の子・女の子におすすめ 人気ランドセルランキング

MENU

男の子におすすめの人気ランドセルランキング

2019年モデルは、2018年4月以降に予約が開始されています!

 

元気に走りまわったり、その勢いのままランドセルを放り投げて遊びにいったりなど、ついつい乱暴にランドセルを扱ってしまう活発な男の子のランドセルを選ぶなら、機能性が高く丈夫なものをと思いますよね。

 

最近のランドセルは機能性だけではなく、耐久性・耐傷性・耐水性に優れた、男の子でもデザインやカラーのバリエーションが豊富になってきているので、自分の好きなデザインやカラーのランドセルが選べるようになりました。

 

人気があるモデルのランドセルは早い時期に完売してしまっているものが多いので、売り切れてしまう前に早めにチェックしておきましょう。

 

背負いやすさでおすすめのランドセルメーカー

ランドセルの背負いやすさは、入学したばかりの小さな体の子どもにはとても重要なポイントとなります。

 

背負いやすさは、ランドセルのメーカーの技術によってどんどんと改良されており、背カンや肩ベルトを調整して背中のフィット感をよくするなど、体感重量が軽くなる工夫がされています。

 

 

セイバンは最もシェアが高く、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされており、子どもたちを一番に想うランドセルを作ることにこだわりを持っています。

 

背負いやすさのポイント

天使のはね」は、肩ベルトの付け根の部分を弓状に曲がるようにして肩ベルトを立たせるために作られた樹脂素材が入っています。
「天使のはね」をはじめとする背かんの工夫などによって、背中の部分の機能がマルチに働きぴったりと体にフィットして、背負いやすく体感重量を軽くします。

 


 

 

フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手メーカーならではの機能性と、カラーやデザインが豊富がなので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。

 

背負いやすさのポイント

 

肩ベルトを25°立ち上げることで背中とランドセルの隙間がなくなり、肩への圧力が約50%軽減されることで、子どもの体への負担が軽減されます。
また、「フィットちゃん背カン」は左右別々にスライドする構造になっており、子どもの体が成長しても背負いやすさが変わることがありません。

 


 

老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。

 

背負いやすさのポイント

ランドセルの重さを分散させるために、肩ひもの両サイドは肩にやさしくフィットする「ふわりぃ肩ひも」と、そのふわりんこショルダーを立ち上げるための「ふわりぃ背かん」によって、ランドセル自体のフィット感がアップすることで子どもの負担が軽くなり、らくに背負える構造になっています。

 

 

「脱ゆとり教育」によって授業時間や学習内容が増えたため、教科書のページ数が増加して厚みが増したことによって、最近のランドセルのサイズはA4フラットファイルに合わせて幅が広くなって、ランドセルの重量も増えてしまいました。

 

背負ったときの体感重量はランドセルの重さよりも重要になってくるので、軽く感じることができるような構造が工夫されているランドセルのメーカーのものの方が信頼でき、安心して子供が6年間使用することができます。

 

男の子に人気のデザインランドセル

デザインやカラーのバリエーションが豊富になったといっても、やはり男の子は定番の黒系の人気が高く、黒系をベースに別の配色をポイントとして入れている「コンビカラー」「バイカラー」などがかっこいいと男の子には人気があります。

 

青、紺、メタリックカラーを選ぶ子も最近では増えてきているようで、他の子とは少し違ったものがいいという個性も最近では受け入れられるようになってきています。

 

  • 男の子の注目の人気カラー

    「黒×赤」「黒×青」「黒×ゴールド」などの2色のランドセルの人気は相変わらずですが、背当ての部分の色がカラーになっているものも人気が高くなりそうです。

 

PUMA 百貨店モデル(セイバン)

スポーティなデザインに、流れるようなマリンブルーのアクセントカラーのステッチ、さりげないプーマのキャットロゴがクールでかっこいいランドセルです。

天使のはねクラシック(セイバン)

快適に背負うための機能を搭載しているのと、シンプルでかっこいいデザインが人気です。
カブセの鋲や前はカフスボタンをイメージした獅子のモチーフが使われていたり、本体マチにはタキシードパンツをイメージしたラインが入っています。

タフボーイDX(フィットちゃん)

シンプルなデザインと丈夫な内装で、格段にパワーアップした耐久性・収納力が人気です。
タフボーイDXの安ピカッタイプも人気で、車のライトにあたると前後左右のヘリと肩ベルトの大きな反射びょうが光ります。

 

活発な男の子におすすめのランドセルメーカー

  • 傷・汚れ・水に強いものを選ぶ

    傷・汚れ・水に強い素材として多くのランドセルに使用されているのが人工皮革のクラリーノです。
    コードバンや牛革などの天然皮革の場合は、傷・汚れ防止加工、はっ水加工がされているものを選びましょう。

  • 型崩れを防ぐ大マチの補強材

    ランドセルの側面の大マチに補強材が入っていたり、大マチの部分につぶれにくい構造で工夫されているものを選ぶことで、ランドセルが潰れてしまうなどの型崩れを防ぐことができます。

 

セイバン(ワンパシリーズ)

ハードな傷に強くて丈夫な「クラリーノ タフロック ペアレス」を使用しており、傷みやすいランドセルの角の部分は「コーナーガード」でしっかりと補強されています。
セイバンでは、子どもがランドセルの上にのってしまって押しつぶしても元の形状に戻るような工夫がされています。

萬勇鞄

素材に傷に強い「クラリーノ タフロック」が使用されているランドセルでは、素材の丈夫さはもちろんのこと、背板部分の補強にピアノ線を使うことで背板を反りにくくさせ、大マチの強度を上げるために職人さんが太い糸での手縫いをすることで、つぶれにくく変形を防ぐ丈夫な品質が完成されています。

フィットちゃん(タフボーイ)

傷に強く丈夫な素材である「クラリーノ タフロック」を使用して作られたシンプルなランドセルで、フィットちゃんランドセルの特徴でもあるマチ部分の変形を防ぐ通りプルガードによる丈夫さもあり、元気な男の子でも安心して6年間使用することができます。

 

後悔しない男の子のランドセル選びとは?

最近のランドセルは本当にたくさんのデザインやカラーがあり悩んでしまうという家庭もあるのではないでしょうか。

 

ランドセルを購入するときに何を1番にポイントとするのかを最初に考えておくと、ランドセルが選びやすくなります。

 

男の子のランドセルを選ぶときに知っておくといいポイントを大きく分けてみたので参考にしてみてください。

 

@背負いやすさ
通学のときのランドセルの重さによる子どもの肩や背中などの体への負担を軽減するために、ランドセルに背負いやすさの工夫がしてあるものを選んであげましょう。

 

A価格
ランドセルの現在の一般的な平均価格帯は55,000円となっていますが、素材、機能性、デザイン、ブランド、工房系のものなどによって価格が変わりますが、基本的なランドセルの機能性だけはおさえておきましょう。

 

B耐久性
天然皮革の素材は丈夫と言われていますが、最近では人工皮革で傷に強い素材のランドセルもあり、元気な男の子ならば特に耐久性の高いもの選んであげた方が安心です。

 

Cブランド
基本的に一般的なランドセルの機能性と同じですが、そのブランドのデザインやカラーなどが加わることで人気が高いため、お気に入りのブランドがある人は早めの予約購入をすることがおすすめです。

 

D品質
一般的な価格帯の3万円〜6万円台のものならば十分な機能性は備わっています。
安すぎるランドセルは機能性が低く壊れやすいので、6年間使用できる品質のものを選びましょう。

 

Eデザイン・カラー
かっこいいものが大好きな男の子。最近のランドセルはデザインもカラーも豊富なので、親子でお気に入りのデザインやカラーのランドセルを一緒に楽しんで選べます。

 

F6年間保証
6年間保証はメーカーによってさまざなな条件があり、無償ではなく有償になることがありますが、男の子の場合は特に6年間保証があるかを確認しておくほうが安心です。

 

すべてにこだわって購入することも、どこまでにこだわりを持って、どこで妥協をして購入するのかということを家族で話し合ってみましょう。

 

また、どうしても欲しいブランドのものがある場合には、早めにチェックして予約開始に乗り遅れないようにすれば、欲しいブランドのランドセルを購入することができますね。

 

新しい年のカタログの請求は前年の2〜3月ぐらいから始まるところが多いので、ネットでチェックをしておきましょう。

 

現在のランドセルの購入時期のピークは7月です!